スポンサーリンク

葬儀後の流れは?

 

戸田葬祭場で家族葬を行った場合、葬儀の後の流れは

どのようになるのでしょうか?

 

 

葬儀や家族葬の後の流れについて、まとめました。

 

葬儀後すぐの流れ

葬儀や家族葬が、すべて終了した後の流れについてです。

 

まずは、お骨、お位牌、遺影を自宅に運びます。

 

お骨・お位牌・遺影の移動

お骨・お位牌・遺影を自宅に運び、後飾りに置いて

飾ります。

 

後飾りは、お骨・お位牌・遺影、そしてお線香が

あげられるように、香炉や燭台、お線香を置いた

台です。

 

葬儀社が準備してくれます。

 

もし後飾りを依頼していない場合は、ご自宅の台

で代用しましょう。

 

葬儀後の弔問

一般葬でも家族葬でも、葬儀の事を知らなかった方が

直接、自宅に弔問に訪れる事があります。

 

その場合は、後飾りにご案内して、お線香をあげて

いただきましょう。

 

葬儀後のお香典

葬儀後にいただいたお香典もお香典返しをしなければ

なりません。

 

ご自宅にご弔問に来られてお香典を受け取る場合に

備えて、葬儀社にお香典返しを準備してもらいまし

ょう。

 

そうすれば、すぐにお香典返しが渡せるので、後々の

手間がかかりません。

 

基本的には、お香典返しの商品は利用しなかった分は

返品できますので安心です。

 

四十九日と納骨の準備

一般的には四十九日の法要のタイミングで納骨も一緒に

する事が多いです。

 

そのタイミングで、高額のお香典をいただいた方には、

お香典の半額くらいになるようにお返しをします。

 

それを後返しと言います。

 

四十九日が終わるタイミングで届くようにしますので、

四十九日の日の2週間くらい前までに手配しましょう。

 

スポンサーリンク