スポンサーリンク

通知のタイミングや方法は?

 

家族葬を行う時、通知やタイミングの方法はどのようにするのがよいのでしょうか?

 

 

戸田葬祭場で家族葬を行う場合を例にみていきましょう。

 

まずは通知はどうすれば?

お身内が死亡したら、まずはどこに通知したらいいだろうか?

 

通知しなければならないところ、しなくてもいいところ、と分けてまとめてみましょう。

 

通知しなければならないところ

通知しなければならないところは、遺族の会社関係、学校関係です。

 

ご遺族の場合、葬儀の時は会社や学校を休まねばなりません。

慶弔休暇となるはずですので、会社や学校には、なるべくすみやかに伝えましょう。

 

深夜にお亡くなりの場合は、朝になったら連絡しましょう。

 

通知してもしなくてもいいところ

通知してもしなくてもいいところもあります。

 

葬儀が普通の葬儀なのか家族葬なのかなど、葬儀の形式にもよると思いますが・・・

 

たとえば、親族、近所、町会、関係団体、友人などなど、

これらの方々は、通知してもしなくてもかまいません。

 

あくまでもご家族の判断です。

 

普通の葬儀を行う場合であれば、みなさんにお伝えした方がよいでしょう。

 

家族葬の場合は、通知する人は限られてくると思います。

 

後日の通知

家族葬の場合は、葬儀がすべて終わったあと、知り合いの方には通知する事が多いです。

 

故人と友人以上のあるていど深い関係だった方々には、後日でもいいので、お伝えしてあげるとよいかもしれません。

 

スポンサーリンク