スポンサーリンク

受付!必ず記帳しなきゃいけないの?

 

受付!必ず記帳しなければいけないのでしょうか?

 

 

戸田葬祭場の受付を例に、まとめてみました。

 

受付での記帳は必須です

葬儀において受付の記帳は必須です。

 

戸田葬祭場の家族葬、一般葬においても、受付の記帳はほぼ準備されています。

 

記帳では、名前、住所、故人との関係、などを記します。

 

記帳する事で、参列者の記録として残ります

 

ノート式の記帳

記帳にもいくつか種類があり、まず最初にノート式の記帳を説明しましょう。

 

結婚式の記帳を思い出してください。

 

ノートみたいな紙に、来た順番に名前を書いていきますよね。

 

葬儀でも参列者が少ない場合に、ノート式の記帳を使用する場合があります。

 

メリットとしては、ノート1冊で管理できるので、あとあとの確認が容易です。

 

カード式の記帳

カード式の記帳というパターンもあります。

 

カード式の場合は、記帳する用紙が1枚1枚別になっています。

 

それぞれの用紙はバインダーにはさんで管理する事になります。

 

参列者の数が多い時に、適しています。

 

ノート式だと、ノートの数に限りがあるため、長蛇の列になってしまうからです。

 

受付の記帳がない場合

家族葬においては、受付の記帳がない場合もあります。

 

本当に家族だけで葬儀をする場合ですね。

 

家族だけなので、記帳として記録する必要がないからですね。

 

スポンサーリンク